杉浦小春とか言う子の誕生日らしいよ

そう、今日11月16日は自分がwhite album2のサブヒロインの中で最も好きなキャラの杉浦小春のの誕生日だ。

以下、少しネタバレ。

何と言ってもこのヒロイン、杉浦小春、メンタルが強すぎる。

親友の男を好きになり、学校中から泥棒ネコ!ビッチ!と言われるも、耐えに耐えに耐え…自分だったら確実に人1人殺してそうな状況だ。

北原の支えがあるからこそって感じもあるが、やっぱりこの子、強い。強すぎる。

まさに現代に生きるサムライだ。
image

小春ルートをクリアしたあとは頭のポニーテールがちょんまげにしか見えない。


小春ルートと聞かれて思い出すのはあのメンヘラメガネ女だ。

アイツの勘違い(?)が小春堕落への原点と言っても過言ではないだろう。

悪い性格ではないのだが、何もかも悲観的に感じるようだ。

私ってなんて不幸!辛い!学校行きたくない!

自分は悲劇のヒロインとでも思ってるのだろうか…とプレイし返すたびに思ってしまう。

恐らくコイツがサブヒロイン、攻略対象キャラに入ってても攻略しないだろう。


高校生活をハチャメチャにされた挙句考えた結果、推薦合格していた大学を取り消しにし、一つ上のランクを目指すことに。峰城大学を慶応、早稲田と考えると一つ上の大学は一橋大学東京大学レベルだろう。

正直、勉強できる期間が一ヶ月しかないうえ、推薦が決まってからは卒業旅行へ行くためずっとバイトをしてた体だ。無茶にも程がある。

この一ヶ月の期間、無茶を可能にするためつきっきりで北原と勉強するのだがこの間、お色気なしと言う本気モードだ。

北原はこの間、小木曽に決別。北原、よく頑張った

北原と笑顔で別れた小木曽と小春が会うシーンがあるのだが、ここがまた良い。やっぱり、小木曽は笑顔作りのプロだ。ラストに一人でこっそり泣くのがまた良い良い。小春、フラフラせんで勉強せいやと思いますがここは我慢。


ラストに小春は大学に落ちて浪人してしまうのですが、浪人して合格した時の小春はとても愛おしい。ここまでもらい泣きするレベルダった。むしろ、号泣した。
image



なんだかんだで、ダラダラ書いてしまったが小春のTHEヒロイン感は伝わっただろう。