諸星大二郎の瓜子姫の夜・シンデレラの朝を読んだ。

今回、久々に諸星大二郎の漫画を読んだので紹介したいと思う。



「和華蘭」をテーマとし、日本・中国・西洋の民話、童話などもモチーフとした短編集だ。

収録作品は「瓜子姫とアマンジャク」「見るなの座敷」「シンデレラの沓」「悪魔の煤けた相棒」「竹青」の5本である。


どの話も面白かったのだが、この中でも「瓜子姫とアマンジャク」 「悪魔の煤けた相棒」の2つが個人的に良かった。

1つめの瓜子姫とアマンジャクのオリジナルは日本人なら小さいころに目を通したことのあるだろう童話の「うりこひめとあまのじゃく」からきているだろう。
オリジナルのほうも地方によってはラストが変わったりするのだが、自分の地方ではハッピーエンドの内容だった。
今作品も瓜子姫が巫女、アマンジャクがわりと良いキャラ、とオリジナルとは決して同じ内容とはいえない。しかしカラスのシーンなどはオリジナルとかなり近い。
ラストの瓜子姫の涙のシーンにはぐっと来るものがあった。ハッピーエンドか、アンハッピーかは人を選ぶだろうが個人的に読み終わった後はとても遣る瀬無い気持ちが残った。

2つめの悪魔の煤けた相棒はオリジナルはグリム童話だ。
オリジナルと比較して読んでみると、かなりストーリーは似ている。登場人物に旅籠の娘などが追加されておりこの人物も重要な人物の一人だ。
オリジナルとの時間軸を考えてみながら読むのも楽しいかもしれない。


○感想
今回の短編小説は童話や民話をモチーフにした話なのでとても読んでて楽しいと思う。シンデレラなのに靴を履かないではしゃぐ姿など。これを機にオリジナルの童話などを読むのも面白いだろう。うりこひめとあまのじゃくなどの食われて終わるENDなど個人的にお勧めだ。
一度読むと抜けられない。そんな諸星作品一度は手にとってほしい。



 

日記的なもの csgoとかリアルの話

こんにちは。

2ヶ月ほど更新をさぼってたおるかすです。

csgoの話なんですが、 センシってありますよね。自分は長い間180°55cmの卍ウルトラローセンシ卍でやってたのですが流石にめっちゃ腕が腕が疲れるand後ろから撃たれた時に急に振り向けないと言うアホらしさから少しセンシを下げ180°35cmにしたらめっちゃキルできるようになりました。(適当)

ちなみに参考に 。
~5cm – ultra high(ウルトラハイセンシ)
5cm~10cm – super high(スーパーハイセンシ)
10cm~15cm – high(ハイセンシ)
15cm~20cm – middle(ミドルセンシ)
20cm~25cm – low(ローセンシ)
25cm~30cm – super low(スーパーローセンシ)
30cm~ – ultra low(ウルトラローセンシ)

そして、現在starladderがやっていますがdignitasがセミファイナルまできてますね。go go dignitas
ほかにもtyloo、cyberzen、mvp projectがアジアからでてましたが そこそこいいところまで行ったんじゃないでしょうか。

 
あと、自分も受験を控えているということもあり、マジで焦っています。最近は遊んでばっかで日々怠惰な生活を送っているのですが、どこぞかの魔女教徒にも同じこと言われそうです。ちなみに志望大学はD判定でした。死にたい。それでもゲームがやめられないあたり、ほんとに意思が弱いんだなぁと思います。(小学生並みの感想)

(何だかんだでこのブログも1万PV突破しそうです。ありがとうございます。) 

ブログ新しく開設しました。

ブログ新しく開設しました。

「Folder upshttps://fo1derups.wordpress.com

知り合いと二人でやろうとなり、ガジェットなどの記事をメインに書いていくつもりです。

まだ、記事は少ないのですがモチベはあるのでどうかお願いします。

PVが増えていったらドメインでも取ろうかなぁってところです。

現ブログはほとんど更新しないので日々の愚痴を書く日記帳にしたいと思います。

次のタイトルは「大学落ちた」になるかもしれませんHAHAHAHA

Android用RSSリーダーを『Reader +』に変えた。

今までRSSリーダーは安定の『Feedly』を使っていたのですが、いろいろと不満があったので某アプリランキングサイトのそこそこ上位にあった『Reader+』を使ってみました。

     
Reader+ | Reader Plus
Reader+ | Reader Plus
開発元:Age of Mobile
¥169
posted with アプリーチ

ちなみにFeedlyなどのアカウントにも対応してるので比較的楽にアカウントなどの移行はできそうです。


○使用感
Screenshot_2016-07-22-15-51-17
設定のレイアウトをクラシックに設定すると若干まとめサイト風になりますね。

また設定も豊富で細かいところまで設定できます。
Screenshot_2016-07-22-15-52-45
設定は全て英語ですが、簡単な英語なのでたいてい理解できると思います。

appearanceなどは外観設定ができます。
Screenshot_2016-07-22-16-56-53
subscriptionsは登録しているブログなどのフォルダ分け。
Screenshot_2016-07-22-17-13-24
synchronizationは同期設定
Screenshot_2016-07-22-17-13-30
imageは画像のキャッシュ?だと思います。
Screenshot_2016-07-22-17-13-34
Notificationは通知設定です。
Screenshot_2016-07-22-17-13-40
○感想
Reader+使い始めて1週間ほどですが使いやすいです。 設定も豊富で動作も軽いです。
あと、2013年から更新されてないのが気になります。日本語対応+背景画像とか変えれたらいいなぁとしみじみ思います。
有料ですがこれを機に使ってみてはどうでしょうか。人によってはドンピシャに使いやすいと思います。
ちなみにFeedlyはDMM新作AV収集用になりました。(※一部モザイクをかけています)
a


あと本日リリースされたポケモンGO、自分のZenfone Maxは対応していませんでした・・。ジャイロセンサーうんぬんあったのですが海外では使用レポートなどあったのでそのうち対応してくれると思います。Zenfone Maxも使い始めて1か月ほどたつのでそのうちレビューも書いてみた

高コスパ。YAMAHAのEPH-22を1年間使ってみての感想とか。

先日書いた記事が天使南梨央奈様にRTされウハウハしてるおるかすです。
記事:おるかすのブログ:僕の南梨央奈を使ってみた。


と、この話はさておき今回は約1年間使ったYAMAHAの「EPH-22」のレビューをしていきたいと思います。このイヤホンは価格がとても安く音質がいいと言われてるのが特徴です。



 
○箱
DSC_0043
いい感じにシンプルでかっこいい箱です。コンパクトで置き場に困らないです。ちなみに撮影は最近購入したxperia z3です。付属品はイヤーピースや取説くらいだったと思います。


○装着感や音質
装着方法がカナル型なのでとても装着感はいいです。また密閉型なので音漏れは少なめです。

次に音質、周波数が20Hz~40kHzと広いのが特徴です。また某イヤホン専門店では、ハイレゾ顔負けと言ってた気がします。
自分の糞耳で聞いた感じでは、低音より高音の方がキいてると思います。しかし、高音と低音がバランスよく鳴っており「ホントに2000円台なのか?!」と思います。自分のようなライトユーザーはこれで満足するのですがこれでも満足できないなら値段が5桁のイヤホンなどを買ったほうがいいと思います。


○感想
この価格帯なら買いだと思おます。ケーブルもL字プラグになっておりポタアンなどに挿す時もあまり断線なども気にせず使えると思います。実際、自分も1年間ほど使っておりますが断線していません(アタリを引いたんでしょうかね・・・。)
不満があるとしたら、イヤホン部分の金メッキが約1ヶ月ほどで剥がれたことですかね・・・。
DSC_0047


 

【オナホール】僕の南梨央奈を使ってみた。

どうも、オナホール保育園年長組ののおるかすです。

自分は、いつもツイッターで面白い小話や役に立つ性知識などをつぶやいてくれる南梨央奈さんのファンですので発売されて即購入しました。



まずは外装。ダンボールから取り出した瞬間。パッケージが可愛すぎて即勃起しました。可愛すぎるので玄関にでも飾っとこうと思います。
DSC_0089


箱から取り出してみるとだいたい15cmほどのホールで、自分の場合はゴムっぽい匂いはありませんでした。
xperia z1とも比較してみました。
DSC_0003



そしていざ、実践。
もちろんオカズは南梨央奈で、ヘッドホンを付け南梨央奈以外のすべてをシャットダウンし、ドキドキしながら挿入。自分のイチモツは12~3cmあたりの短小なので、ゆるゆるかなぁと思ったのですが、いざ使うと全然そんな気はなく、激しくピストンすることができました。また、中の凹凸が激しいので挿入し10秒ほどでフィニッシュしました。

使用後も裏返し、ボディーソープなどで洗えば大丈夫だと思います。

また、オナホールは気持ちよさ10倍、虚しさ100倍の悪魔の品なので使用にはご注意ください。

シンプルで軽いNova Launcher。

androidを使い始めて4,5年になりますが、ずっとNova Launcherを使っています。

最初はクソスペドロイドを少しでも軽くするためホームにドロワーアイコン1個だけ置いてウィジェットも何も置かずに使っていたのですが、ここ最近はRAM2GB、4コアが普通になってきているので普通に使っていても十分軽いです。ですがやっぱり普通のホーム使うよりはカスタムしたいってのでいろいろあれこれしてました。


Nova Launcher Prime
Nova Launcher Prime
開発元:TeslaCoil Software
¥600
posted with アプリーチ

まずはメイン機のxperia z1のホーム。
Screenshot_2016-04-01-09-16-20

アイコンはMinoir - Icon Pack使ってます。何よりもナビゲーションバーのXPERIAがかっこいい(nova関係ない)

次はサブ機のNexus5。
Screenshot_20160401-091557
本の表紙に時計ウィジェットを貼り付けるというセンスの無さ。そして、アプリ名を英語にすると言うダブルコンボ。知人にはセンス無いって言われるんですけど自分では割と気に入ってます。アイコンはMin - Icon Packです。

あと、たまゆら卒業写真4部まで公開もう少しですよね。あ~きんたまゆらゆらしてきた(不謹慎)